2017.11.28 お知らせ

製品安全対策優良企業表彰「技術総括・保安審議官賞」受賞いたしました。

 
 このたび山本光学株式会社は、経済産業省主催「第11回製品安全対策優良企業表彰」中小企業製造・輸入事業者部門にて、「技術総括・保安審議官賞」を受賞いたしましました。

  「製品安全対策優良企業表彰制度」は、経済産業省が製品安全に積極的に取り組んでいる企業を公募・審査し、表彰する制度です。今回の受賞は、当社の1世紀を超える安全への継続した取り組みが評価されたものです。

 山本光学は今後も、「人々の心豊かな生活文化を創造し社会に貢献」し、21世紀の事業テーマである「Protectiong For You」(安全文化の創造)を実現するため、すべての製品についてさらに「安全性」を高め、お客様に「安心」してご使用いただけるよう努めてまいります。


<受賞のポイント>
◆豊富な過去のデータ・経験およびモニターテストに基づく設計
 数千名分の日本人の陣頭データおよび過去の不具合事例や、使用者からの声を反映した製品開発を行うとともに、試作品について、モニターテストの評価結果および使用者の意見・感想を踏まえた設計を繰り返し、より安全な設計を実施している。

◆安全性確保のための試験・検査・評価方法の確立
 ISOやJIS等で定められた規格より厳格な自社基準を設定し、過酷な条件下で使用される状況を踏まえた、安全性確保のための試験・検査・評価方法を確立している。また、顔や頭に装着する製品特性から、より安全な製品の提供のために、検査機器による測定にとどまらず、目視や触感での検査も行っている。

◆正しい使用方法に関する啓発の継続的な活動
 スポーツ用ゴーグルの正しい使用方法を周知するために、大会開催時等に使用者に対して啓発を行うとともに、販売店や代理店向けの説明会も定期的に開催している。また、レーザー遮光保護具の使用者や販売店、代理店に対して、レーザー光への正しい知識と適切な製品の選定方法等について、説明会を定期的に実施している。さらに、製品劣化診断や現場の光環境診断を定期的に行い、製品事故の未然防止に取り組んでいる。