デザイン理念/コア技術

デザインフィロソフィー コア技術 メイン

SWANSのルーツは作業者の眼を護るための保護具にあります。そのため、製品は着用者の安全と健康を護ることが使命として最優先されます。一方で製品は単に「安全の為に使う道具」という関係を超えて、着用者に身体になじむもの、ベストパフォーマンスを引き出せるもの、永く愛されるものであってほしいと願います。私たちはこのものづくりへの理想を常に自身に問うために「SAFEデザイン」として掲げ、指針としています。

着用者もまわりの人も安全なデザイン。

1911年の創業以来、我々には110年以上にわたって培われてきた保護具開発の精神があります。眼をはじめとして身体を護るための強度や安全性が担保されているか。また着用者や周りの人間を傷づける可能性がないか。製品は公的基準のクリアはもとより、自身に課したより高い安全基準の中で更に厳しく評価されます。

製品も、着用者も。そして見える景色も美しく。

まず純粋に製品が造形美に優れ魅力的であること。加えてアスリートのパフォーマンスが最大限発揮されることで得られる感動の瞬間や、自身に課した目標の達成で得られる健康美のような抽象的なものまで我々がユーザーと共有したいと思う「美」には様々なカタチがあります。
また、クリアな視界を提供するためにもレンズ設計や成型/研磨技術といった製造技術も追及していきます。

身体に、スタイルに、環境になじむ。

人体の研究による物理的なフィット感、気分を高揚させるようなスタイルへの感覚的フィット感、その2つの追及のために我々は長年蓄積されてきた快適創造のためのノウハウと現場で感じる空気、そのかけあわせを大切にしプロダクトで答えます。
また、同時に製品が使用される場として常にリスペクトすべき自然環境のためにできることを模索し、実践していきます。