スノーゴーグルのメンテナンス

正しいお手入れ方法と保管方法

レンズに汗や皮脂・水・泥などが付いた状態で放置するとレンズ自体を傷める原因になります。ご使用後は、そのような汚れがないかチェックしましょう。

■ レンズに汚れがある場合

01. フレームからレンズを取り外す。

※A-BLOW搭載モデルのレンズ外し方はこちら
※通常レンズの外し方はこちら

02. 流水でフレームとレンズを指でなでるようにやさしく洗い流す。

※お湯でレンズを洗わないでください。レンズを傷める原因になります。

03. レンズに残った水分を柔らかい布で押しとるように拭く。

※汚れがひどい場合は、食器洗い用中性洗剤を薄めた洗浄液ですすぎ洗いをし、水道水で十分に洗い流してください。

04. 自然乾燥させる。

■ ベルトに汚れがある場合

01. フレームからベルトを取り外す。

水またはぬるま湯を使用しもみ洗いをしてください。

02. 乾燥したタオルで余分な水分を取り除き、十分に自然乾燥をさせる。

※さらに汚れがひどい場合は、食器洗い用中性洗剤を薄めた洗浄液ですすぎ洗いをし、水道水で十分に洗い流してください。

お手入れ方法のご注意

・ゴーグルに有機溶剤(アルコール、シンナー等)や接着剤を使用しないでください。製品が破損する原因になります。

・クラリテックスコート(撥水加工)レンズに汚れがある場合は、柔らかい布や付属の布袋で軽くふき取ってください。力を入れて拭くとレンズにキズが付き、撥水性能が低下する原因になります。汚れがひどい場合のみ食器洗い用中性洗剤を薄めた洗浄液ですすぎ洗いをし、水道水で十分に洗い流してください。また市販のくもり止めや撥水液をクラリテックスコート加工面に使用しないでください。撥水機能が低下します。

・HEATレンズ(面発熱レンズ)は、製品の構造上水洗いすることができません。水洗いすると面発熱システムの故障の原因になります。お手入れの際はレンズをフレームに取り付けた状態のまま、水に濡らして絞った毛羽の少ない柔らかい布で、レンズ表面を優しく拭いて汚れを取り、その後十分に自然乾燥させてください。

保管方法のご注意

・高温(50℃以上)・多湿をさけ直射日光の当たらない場所で保管してください。(適さない場所の例:暖房器具の近く・夏場の自動車の中・乾燥室)

・ケースに保管していても製品に圧力がかからないように保管してください。圧力がかかった状態で保管すると、製品が変形することがあります。特にダブルレンズはレンズ剥がれの原因にもなり、レンズ間のくもりが発生する原因となります。

・保管中や持ち運ぶときに、ケースの外に硬いものが直接触れないようにしてください。

PAGETOP