その視界は、勝利を見据える。

昨日よりも今日、今日よりも明日。
負けたくない。もっと上達したい。
もっと、強くなりたい。

ULTRA LENS は、そんな想いを抱く
多くのアスリートに選ばれてきた。
ただ眼を護るだけじゃない。

勝負の瞬間、その視界が、
鮮明に勝利を見据えられるように。
さらなる高みを目指す人へ、最高の視界を。

青空に消えるボールを追え!

はじまりは石川遼プロからの要望だった。
『ドライバーショットで青空の中に消えていくボールを眼で追いたい』という言葉から、ゴルフ場の景色の中でボールの視認性を高めて眼で追いやすくするためのレンズ研究開発に着手。”近畿大学生物理工学部・片山一郎准教授”との共同研究により、青い空・緑の森といったゴルフシーンの背景の中で、ボールの色をくっきり・はっきりと浮き上がらせるレンズが生まれました。
加えて、着用時の視界色は自然で眼に馴染みやすいため、長時間の着用でも眼への負担が少なく、一日を通して使用が可能です。

水面化を視界に捉える。釣りは、水中戦へ。

バスのサイトフィッシングがメインターゲット。
朝晩の薄暗い状況や、胃の影となる障害物にルアーを投げていくような場面でも暗く感じない。日本に多い、薄いグリーン系の水質を見る際に眼に馴染みやすいレンズカラー。かつコントラスト強調効果によって水中の状況が把握しやすい効果がある。
視ることに集中するサイトフィッシングに最適なレンズです。

視界を護り、命を護る。

『日常の運転をより快適に、安全に』をコンセプトとしてレーシングドライバーの鍛えられた眼で感じた一般道の運転に必要な情報は眼に入れながら、
不快な光をカットして快適な運転環境を提供するレンズです。

ボールの視認性が勝負を分ける

フライ捕球のため上空を見上げる。日陰の地面を這うゴロを処理する。逆光の中、投手から放たれるボールを打撃する…
野球における様々なシチュエーションに対応する「ボールが見えやすく、眩しさを抑えながらも暗すぎないレンズ」です。白いボールの視認性を高めるレンズカラーに、全体の眩しさを抑える効果のあるミラー加工を施しています。

光量に左右されず、路面の状況を把握する。

自転車ライドで怖いのは「落車」。これはトップカテゴリのレースを走るプロ選手であっても、一般道をツーリングするライダーでも同じ。落車を防ぐためには「路面の状況を把握すること」が重要となる。時に50km/hを超えるスピードで日向・日陰を目まぐるしく走り抜ける状況でも「暗くて見えない」ことを防ぎ、予測・認知・判断・操作をアシストする。